前へ
次へ

ふかふか食感のホットケーキを焼くために

カフェで食べるようなふかふかのホットケーキを、自宅でも作ることができます。食感は軽く弾力があって、空気も程よく含んでいる美味しいホットケーキはたまりません。あまり水分量が多い生地だと、薄焼きのようになってしまいます。ふっくらとホットケーキが膨らむのは、酸性の成分と炭酸水素ナトリウムの化学反応で起こることです。重層はベーキングパウダーのメイン成分ですが、ふっくらとした焼き上がりを目指すなら、生地にはプレーンヨーグルトを加えます。混ぜる時には何度も丁寧にやりがちですが、グルテンの形成を後押しするので硬い生地になるもとです。粉っぽさがほんの少し残る程度の、サッと混ぜるくらいで構いません。フライパンで焼く際には熱したら、いったんコンロからおろして濡れたふきんにあてて再度加熱して生地を流しいれます。その際に低い場所からではなく、高いところから生地を落とすのもポイントです。均一に生地に火が通るためにも、じっくりと蓋をして焼くようにします。

Page Top